行政書士で公務員出身者が多い理由

人気のある国家資格として、取得するために予備校の講座や通信講座などを利用する人が多くいます。そして司法書士よりも難易度は低いとされていますので、社会人の方が仕事をしながら取得する人も少なくないようです。

 

また実際に行政書士を職業として働いている人のなかには、公務員出身という人も存在しています。そこで公務員からの転職として行政書士を選択する理由とは何か?気になるところでもあります。

 

行政書士は活躍できるフィールドがある?

 

行政書士の業務内容は、外国人の入管関係・建設業の許認可・風俗・飲食などの許認可、起業・コンサルティングなど多岐にわたる仕事内容としています。また国家資格として一度合格し取得すれば、更新する必要もなく一生ものの資格としています。

 

そこで自ら資格を活かして起業することができ、これまでの業務にとらわれずにビジネスチャンスとすることが期待できる職業としています。そのため公務員で働く人のなかには、日常のありふれた業務にやりがいを見いだせない人やスキルアップを目指す人、高収入を求める人では今の職業に満足できず民間企業に転職する人も少なくないようです。

 

そして公務員時に業務をこなしながら、行政書士の資格を取り退職後に自ら開業して独立する人もいるようです。戦略的な事業計画として成功すれば、今までの安定した給料収入よりもはるかに稼げることも期待できるとしています。

 

そのため行政書士のなかには公務員出身が多い理由としてあげられるようです。しかしながら資格があるからといって誰でも成功するとは限らず、公務員としての立場を捨てたことへの後悔とする人もいるようです。

 

行政書士試験は公務員受験対策が役に立つ?

 

公務員合格を目指す人のなかには腕試しとして、行政書士の試験を受ける人もいるようです。そこで行政書士に合格できないレベルでは公務員は無理と考えている人もいるようです。しかしどちらとも試験科目は似ているとしていますが、近年においては行政書士資格も難しくなっていることがあげられています。

 

また行政書士試験の独自とした問題もありますので、公務員試験対策だけでは簡単に合格することは難しいようです。そこで公務員受験を経験した方では、行政書士に必要な分野の科目を学習することで難なく合格することも期待できるとしています。

 

そのため公務員でありながら行政書士資格を持っている人もおり、退職して行政書士の仕事に就いたり自ら起業する人がいることがあげられます。