地方公務員上級の技術職ってどうなの?

地方上級の技術系公務員の仕事は地元住民に直結した分、地域に貢献したいとしている人にとってはやりがいを感じることもあり、また実際に感謝されることもあります。そこで現在、公務員を目指す人のなかでは行政職を目指すべきか、これまで選考していた知識をスキルとして技術職にするべきか悩まれている方もいるのではないでしょうか。

 

そこで地方上級技術職ってどうなの?仕事内容やキャリアパス、そして試験の難易度、倍率は高いのか?など気になるところでもあります。また口コミ&評判により給料なども関心を高めておきたいところでもあります。

 

地方上級技術職の仕事内容とは?

 

  • 土木職
  •  

    道路の維持・補修や都市計画道路の整備などを行なうとして、民間の業者に委託したり道路や公園などの維持・管理、再開発の指導など、工事のコストの計算などまちづくりに関するさまざまな業務を行います。また立ち退きの交渉なども行わなければなりません。

     

  • 建築職
  •  

    市営住宅、公共建築設備(市民コミュティ施設、市営駅、渡船場、学校など)の基本計画から見積もり、設計、発注、工事監理等までトータルで携わります。また現場確認や事務作業と業者との打ち合わせが主になります。まちづくりのマスタープランや条例づくりなども自治体職員でしかできない仕事です

     

  • 電機職
  •  

    地方公共団体が管理している施設、建築や道路、上下水道などの施設には、電気設備やコンピューター関係のシステムがあります。そうした電気設備やシステムの開発や設計、工事管理や維持管理・メンテナンスなどが、電気・電子系技術職の仕事のひとつです。庁舎内の電機関係の故障においても修理を頼まれることもあります。

     

  • 機械職
  •  

    機械設備の計画・設計・見積・施工・工事管理・維持管理などの業務に携わります。

     

  • 農学職
  •  

    地元地域の農作物を全国にアピールする企画等に携わったり、実際にイベントを運営したりします。また、農業試験場で施肥技術の研究などを行い、農業技術の推進と環境保全の両立を技術面で補佐し地域農業への発展を促進します。

     

  • 化学職
  •  

    環境保全関係部署や上下水道関係の部署において、地球温暖化の防止や資源循環型社会の構築をはじめ、環境保全に向けた企画立案や、大気汚染、水質汚濁、廃棄物問題などに対する監視や調査・指導、試験研究など仕事内容としています。主に地域、地元の環境問題に関する幅広い業務の最前線で働くことになります。

 

技術職は専門のスペシャリスト!

 

技術職で採用されると、現場での仕事となり管理職となれば現場に行くことも少なくなります。また専門分野に関係する部署以外に異動になることは一般的にはありませので、事務職のように幅広い範囲での異動により様々な知識、能力は必要ありません。そのため自分の専門の技術職を極めることができるのも特徴の一つとしています。

 

しかし地域の方や事業社などとの話合いなどもありますので、技術だけではなくコミュニケーションと企画立案能力など優れている人材も必要としています。

 

地方上級技術職の難易度は?

 

それぞれの都道府県、自治体での採用枠は、どの職もそれ程多くはなく職によっては募集数人というところもあり、多くても50人程度としています。また倍率も2倍、3倍というのも珍しくはなく、高いところでは10倍以上のところもありますが、平均的には一般の行政職に比較すれば低いとしています。

 

また試験内容においては専門分野の試験がありますが、これまでに大学、専門学校などで専攻して学んでいればそれ程難易度は高くないようです。しかし一般教養は大卒レベルとしていますので、十分な試験対策と2次試験の面接、人物においても万全としておきたいものです。